化粧品の成分表示

化粧品を購入する時に、どのような成分で出来ているのかを、確かめている人は少ないのではないでしょうか。価格やテレビの宣伝などを見て、化粧品を選んでいる人が多いようです。全ての化粧品の外箱などの見やすい所に、全成分が表示されていますので、化粧品を選ぶ時には確かめるようにした方が良いでしょう。
以前の化粧品の成分の表示内容は、アレルギーを起こすような成分のみを表示するだけで良かったのですが、2001年からは使われている成分は、全て表示するように義務付けられています。このように、化粧品に使われているものが全て表示されることで、どのような添加物が化粧品に入っているのかもわかるようになりました。添加物とは、化粧品を長持ちさせるためだけの働きをする防腐剤や保存料などのことです。添加物は、化粧品本来の目的とは関係のないものと言うことも出来ます。
これは、添加物の入っていない無添加の化粧品を使いたい人にとっても、大変に便利なことです。無添加化粧品と言われるものでも、まったく添加物を使っていない訳ではありませんので、使っている添加物と使っていない添加物を知ることが出来る成分表示は、化粧品を選ぶ時に役に立ちます。